bluequince column  furniture&product design office in Kamakura

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


2014.02.22 Saturday  スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- . -



2014.02.22 Saturday  「monoもの+kataかた」第7回目の様子

大雪、インフルエンザ...と、2月に入ってから家の中にこもる日が続き
こんなにもスッキリした週末は久しぶりな感じです。

立春もとっくに過ぎて、春はすぐそこ。
パッカパッカと走り回りたい衝動にかられています(笑)



今日はたくさんのコッパ(木っ端)を組み合わせて「馬」作り。
気の向くまま、思うまま造形を存分に楽しみました。



馬のような、キリンのような、鳥のような、架空の空飛ぶ動物のような。。。
グルーガン(ホットのり)も上手に安全に使えるようになってきたし
色づけもお手の物です。




最後にはこんなにもカラフルで個性的なお馬さんが並びましたよ




この1年、前を向いて一生懸命走っていきたいな〜
そんな風に気持ちを新たにした一日でした。

今日もありがとう〜!!!


パッカパッカ♪

 




2013.11.23 Saturday  「monoもの+kataかた」第6回目の様子


今年最後の「monoもの+かたkata」は柔らかいワイヤーを使った
かけられるアート作品を作りました。



まずはいつも通りスケッチブックにアイデアをどんどん描き出していきます。
子どもの想像力っておもしろい。
封を切られるのを待っているみたいに、きっかけやヒントを与えた途端に
ぶわ〜っと広がっていくんです。



スケッチしたものを丁寧になぞっていく子もいれば
想像に任せてひたすら手を動かす子。



出来上がった音符に傘にetc.




とりにイルカに洋服etc.



こちらはビッグフットを描いたところ。



出来上がったビッグフット!



6!!!これには完全に参りました!
シンプルだけど面白いな〜


壁一面に並べられた作品。

風邪がはやっているのか、キャンセルが数名でたものの
参加してくれた元気いっぱいの子どもたちから
またパワーとアイデアをたくさんもらいました。

また来年も楽しい企画をご用意してお待ちしております。
Have a happy merry christmas for all of you!


 




2013.08.23 Friday  「monoもの+kataかた」第5回目の様子


ようやく夜になると、少し秋らしい風を感じられるようになりましたね。 
みなさま、ご無沙汰しています。
あっという間に夏休みも後半戦に突入です。
子供たちが夏休みになると、気分がワサワサして落ち着かないのですが
そろそろblue quinceも秋のイベントに向けて始動!です。


「箱庭」にきてくれた子供たち。元気にしているかな〜?
小さなお庭の多肉植物たちは暑さに負けず育っているかしら?

グリーンスタイリスト・さとうゆみこさんをお招きして開催した
「じぶんだけの箱庭を作ろう!」(7/20開催)

(1ヶ月も経ってしまいましたが;汗)当日の様子をご紹介します♪


今回、私たちは完全にサポート役でしたので、ゆっくりと教室の雰囲気を楽しむ事ができました。
子供たちの様子や表情をこんなにゆっくりと見る機会はないので、とても楽しかった!



多肉植物って、本当に種類が豊富で驚きました。
サボテンみたいにごっついものから、産毛が生えた繊細なもの、
♡みたいな形のもの。
どの子がどれを選ぶのか、見ているのも面白い。



植物、木の家、石、をそれぞれ選び、箱に配置していく。
ある程度のイメージが出来たら、色塗りや砂利敷き。
これは小さなランドスケープデザイン!
どの子にとっても初めての経験に違いないでしょう。




色塗りの見本。
先生だって真剣そのものです。
絵の具やクレヨン、色々な素材を合わせて使うと雰囲気もよくなります。








カラフルな夢の国のお庭、北欧のようなモダンなお庭など、それぞれに個性豊かな小さな庭がたくさん出来上がりました。
しっかり手をかけ目をかけてあげると、これからどんどん大きくなり森のようになるそうです。

我が家の子どもたちの庭(なぜか3つ!?)も、目の届く所に置いて
毎日様子を観察しています。



*次回の「monoもの+kataかた」第6回目は10/26 を予定しています。(9月上旬募集)
また10/5・10/6には稲村ケ崎アートフェスティバルに参加されているkurasuさんにて大人と子ども向けのワークショップも行う予定です。ご参加お待ちしています!




2013.07.18 Thursday  「monoもの+kataかた」の準備

 
今週の土曜日は夏休み前企画第2弾!
「自分だけの箱庭をつくろう!」です。

いつも子ども達だけを見ているので、親子ワークショップって
どんな感じなんだろう?
楽しみです♪

デザイン教室の子ども達用にちっちゃな座布団作りました。
これでお尻も痛くないし、最後まで座っていられるかな?(笑)


デザイン教室は8月、9月お休みです。
10月はイベントにも参加する予定なので、色々盛りだくさん
楽しい事を考えてます♪

よろしくお願い致します。








2013.07.01 Monday  「monoもの+kataかた」とけいづくりの様子

 
雨予報がどこへいったのか、すっかり夏日となった土曜日。
「monoもの+kataかた」夏休み前の特別企画として
「第2回 とけいづくり」を開催しました。


昨年の様子を見て、たくさんの子どもたちがやってきてくれました。
中には昨年に引き続き、2個目というお友達も。。
子どもの成長は著しいもの。1年違えば、その分だけ大きな成長があります。
字や絵を描く力強さ、自信には、体と心の成長を大きく読み取ることが出来ますね。

さあ、下塗り。
真っ白いボードに好きな色を重ねていきます。
これは上塗りされてしまうので、実際には表面にはあまり出てこない色になるのですが
それを子どもたちに説明するのが毎回難しいのです。
でも、今回はみんな理解してくれていたみたい。




上塗りでは、時計のイメージが決まるので慎重に。。
女の子は白やピンクなど明るい色、男の子は黒系を選ぶお友達が多い中、
こんな素敵な色味を選んでいたお友達もいます。
自分なりのセンスがはっきりしている証拠ですね。


文字を入れるとグッと時計らしく。
下塗りした様々な色が出て来て、とても綺麗です。





一緒に参加された親御さんは、じっと我が子の作る様子を見ておられました。
綺麗に作ろうとか、間違わないで描こうとすると、どうしても手を出したくなるのですが
「我が子の今」を残したいと思うのであれば、多少文字がずれていても
色の塗りが雑でも、それはそれで後々の楽しい思い出になるのではないかと私は思います。
(色の塗り方、針の位置、文字の位置などの話は先生がしています。)


また今年もたくさんの子どもたちの「今」を残すお手伝いができて
嬉しいです。

また来年、再来年も「とけいづくり」開催できたらいいな〜と思っています。

さて、今回の「おやつ」は長谷名物の大仏さんです。


昨年のワークショップでは、我が子の作品は時計にはしませんでした。
(単に時計針が足りなくて。。笑)
今年も予定人数をオーバーして、我が子の分はないかと思っていたら
時計屋さんが間違えて違う型の針を入れてしまい
それを無料で下さることに。。

ラッキーボーイ、6歳の作品です。


さて、来月はグリーンスタイリスト・さとうゆみこさんをお招きして
「自分だけの箱庭をつくろう!」を開催します。
(まだ午前、午後ともに1席づつの空きがありますので、お早めにお申し込みくださいませ。)


*8月、9月はデザイン教室はお休みです。
10月以降の予定は9月初旬にお知らせ致しますので、宜しくお願い致します!







2013.05.25 Saturday  「monoもの+kataかた」第3回目の様子

 
窓からの日差しも心地よい今日は
「monoもの+kataかた」の3回目でした。



季節の変わり目で体調を崩してしまったお友達のキャンセルが出て、
いつもよいコジンマリとした教室でした。
その分、一人一人とじっくりと話をすることが出来ました。

今日のテーマは「ひょうしきをデザインしよう!」

普段何気なく目にしている標識ですが
パッと見ただけで、誰にでも意味を理解することが出来るという所に
デザインが存在します。

大きなテレビ画面に世界の様々な標識を映し、
「これは何のサイン(標識)?」
からスタート。


「トイレのひょうしき〜」「カンガルーがいるよって言ってるんだね」
「知らない動物だな〜」等々

名前も知らない、言葉も分からない国の標識の意味が分かってしまう、
標識って不思議で面白いものだな〜と改めて実感しました。

1回目や2回目に比べると、本当の意味で「デザインすること」に焦点をあわせた今回。
子供たちには少し難しい課題だったかもしれませんね。

でも最初は何かの真似をしたり、大人からヒントをもらって
ようやくアイデアが思い浮かんだり、仕上げたりしてもいいと思っています。
回を重ねるごとに、自分で考える事が身に付き、自分なりのアイデアを出すことが
楽しくなるはずです。


今回の「おやつ」は湘南チーズパイ。
私の大好物は子供たちにも大人気でした♪



さて、夏休み前特別企画として

6月は「第2回 とけいづくり」
7月は「箱庭をつくろう!」

を開催します。
ワークショップ形式で、親子でのご参加が出来ます。

詳細は近日ホームページにUPしますので、
宜しくお願いします!










2013.04.28 Sunday  「monoもの+kataかた」第2回目の様子

 
ゴールデンウィークの初日となった昨日。
新緑がキラキラしていて、本当に爽やかで素敵なお天気に恵まれ
「monoもの+kataかた」第2回目も無事に終了しました。


今回のテーマは「くうきの動き!」
木の枝を使って、立体のモビール作りに挑戦しました。

私たちの身の回りは立体だらけ。
あれもこれも立体、なのですが
実はそれを本当に立体で描いて、と言うと
たいていの大人も戸惑います。(笑)

子ども達にとっても「立体」って、身近でありながらも
とても聞き慣れない言葉です。

まずは目の前にある、小さな箱を見本に説明しました。
「じゃあ、これを描いてみよう。」というと、
たいていの子どもは「四角」を描きます。
もちろん、平面の四角です。

「そこに、ほら、ちょんちょんちょんっと線を描き足して.....」
と四角を立体にすると
「お〜!!」「浮き出てみえる〜」
歓声とキラキラした目の輝きが♪



「ほら、箱って(平面の)四角じゃないよね?」
色々な方角から四角を覗いてみても、どうしてもそれを上手く描けない。
意外と手強い「立体」描き。。

でもちょっとした「コツ」を教えてあげると
ほとんどの子どもたちが、スイスイと描き始め
「これもあれも立体じゃない?」と立体探しに出始めたり
「四角がビルになった〜」「食パンみたい〜」
とわくわく笑顔になっていきました。




そこから、木の枝を使って、モビールを作ります。
ところが、今回は枝をくっつけるのにグルーガンを使用するため
大人(+娘)がグルーガン係となり(火傷などの危険を避けるために)
様子の写真を1枚も撮影できず!(泣)

小さい立体をいくつも作る子
大きな立体に挑戦する子
平面の四角の中に、小さい立体の四角をつなげてみる子
全然ちがう立体を作る子(笑)

などなど、本当に個性豊かで子どもって面白い!




最後に色をつけたい子もいて、絵の具も用意いていたのですが
そこまで到達できず、今回もアタフタしてしまいましたが
何とか全員、素敵なモビールを持って帰ってもらえました!



最後は楽しい「おやつ」
今回は長谷の無添加ケーキなどを販売されている「ビスケット」さんの
チョコサンドクッキーを用意しました。


集中して制作し、よっぽどお腹がすいていたのか
この時間が一番静かな子どもたち。。


参加された方で、おうちに飾ったモビールの写真がおありでしたら
是非 monokata☆bluequince.net まで送ってください!!
お願いします!(☆を@に変換してください)


さて、次回は 5月25日(土)を予定しています。
グラフィックに挑戦し、おうちの中のオリジナル標識をデザインします♪

詳細は明日ホームページにUPする予定です!





2013.03.30 Saturday  「monoもの+kataかた」第1回目の様子

 
今日は朝から寒かったですね。
花冷えというにふさわしい、桜舞う3月のおわり。
たくさんのこども達が元気にやって来てくれました。

半分以上の方が鎌倉以外の遠方から来てくださり
本当にありがたいことです。

来てくださったみなさま。
本当にありがとうございました。



さて「monoもの+kataかた」初回である今日のテーマは
「あか・あお・きいろ!」

色の基本である三原色を使った色遊びです。
「赤+青=なにいろ?」
から始まり、最初緊張気味だったこども達も
色の変化を目の当たりにすると
「紫だ〜」「オレンジはわかりにくいね」「おれ緑好きなんだ〜」
と、和やかになりました。



いざ真っ白いスケッチブックに色を塗る時には
ちょっと緊張したかな?

きちんと並べて描く子。
大胆に描く子。
周りの様子を伺いながら描く子。

などなど.....個性がでます。


そこから、色々な色作りに発展していくのですが
先生のお手本通りに進めていく子。
自由に混ぜ始める子。
なかなか混ぜても描きだせない子。


最初はイメージできなかったこども達も
だんだんと混ぜる楽しさ、作り出す楽しさが分かってきたのか
「おれの好きな色できた!」
「赤と白を混ぜた後に、黄色を少し混ぜたら好きなピンクになった!」

などなど、自由な色作りへと発展していきました。
一番お気に入りの色には「○○カラー」と
自分たちの名前をつけたりしました。


最後は作品作り。

真っ白いキャンバスに丸くくり抜いたシールを
それぞれレイアウトして、そこに好きな色をつけていきます。

色遊びでずいぶん色の作り方に慣れたこどもたち。
最後はとても綺麗な色を作ることが出来るようになりました。
どんな丸になっているのかな?
シールをはがす時が一番楽しい瞬間☆


小さな子は、うまく丸を描けなかったり
水を混ぜ過ぎて薄くなり、シミ出てしまったりしましたが
ひとつとして同じ色の存在しない
素敵な作品が仕上がりました!



あっという間の2時間。
途中、足がしびれてしまった子もいたようで(笑)
次回からはうまく休憩をはさんでやっていこうと思います。

お迎えの際には、駐車場が混雑してしまったようで
大変申し訳ありませんでした。

私たちもまだまだ手探りですが、
企画、準備〜当日まで
1回1回を大切に進めていこうと思っていますので
これからもどうぞ宜しくお願い致します。

そして、来月の第2回目は 

4月27日(土)10:30〜12:30
です!

今度は「立体」に挑戦します♪



***お詫び

第1回目のお申し込み時に、ホームページからメールが
うまくリンクできていなかったようで、ご迷惑をおかけしてしまい
大変申し訳ありませんでした。
次回からは「予約フォーム」をホームページ上に作りましたので
そちらから、お願い致します。

またFacebookや下記メールでもお申し込み受付ています。
monokata☆bluequince.net
(☆→@に換えて送信願います。)








2013.03.29 Friday  いよいよ始まります

 
明日からスタートです!

「monoもの+kataかた」

こどもたちのどんな笑顔や想像力に出会えるのか
今からワクワクしてます♪


第1回目に参加のこどもたちへ

ちょっとした「おやつ」も用意して
まってますよ〜








2013.03.09 Saturday  「monoもの+kataかた」テーマ編2

初回のテーマ「あか・あお・きいろ!」では
色遊びをしてから、作品を作ろうと考えています。

「色の三原色」は大人なら誰でも知っている言葉だし
習った覚えもありますよね。
でも、赤と青を混ぜると何色だ?と聞かれると
一瞬 えっ? となりませんか?

正解は.....そう「紫」です。

でも混ぜる絵の具の分量によって、様々な「紫」ができあがります。
これも紫だけど、あれも紫。でも、これとあれは別の紫。。。
並べてみると、あっちは青が多い紫。で、こっちは赤が多い紫。
お店で売っている紫も、分量さえ分かれば簡単に作れるのです。

こども達は分量などというものは考えませんので
毎回が偶然の重なりです。

でも偶然によって出来た色は、ビックリする程キレイだったりします。
この色いいね〜と思っても、二度目に作るのは苦労します。

「あか・あお・きいろ!」では、そんな事を少し遊びながら考えます。
考えると言っても最初だけ(笑)
自分だけのオリジナルカラーを「色々」作ります。

6歳くらいまでの子達だと、勢いに任せてどんどん混ぜていってしまって
結局「濃いグレー」に近い暗い色になってしまうかもしれませんが
大きくなるにつれ、混ぜ方もちゃんと考えられます。

ただの「紫」ではなく「青みの強い紫だね!」
なんて、言い出すかもしれませんね。

 




/ 1 / 2 / >>

Profile

Category

Archives

admin